Family Tutor 〜 素敵にEnglish! 〜

オンライン英会話 『Family Tutor』スタッフのブログ
<< ファミリーチューター〜菊池凛子さんの英語 | main | ファミリーチューター〜おススメの本「留学しないでネイティブ英語を身につける方法」 >>
ファミリーチューター 〜  It's a pain.
スタッフTです。

私はファミリーチューターのスタッフですが、同時にファミリーチューターの生徒でもあり、ほぼ毎日レッスンを受けています。

レッスンの内容はさまざまで、テキストをきっちりやったり、TOEFL speaking の練習をしたり、見た海外ドラマの感動シーンの感想を聞いてもらったり、ひたすら日々の愚痴を話したり。レッスンの回数が多いので、ぜいたくに時間を使えます。

先日のレッスンでも、毎日暑いので何をやるのも面倒だ。という話をしていました。フィリピンは毎日暑いから、何でも面倒だよ、と講師。

面倒、面倒くさい、って英語でなんて言うのか? annoying とか troubleとか?
講師が、painも使えるよ、と教えてくれました。
実は、わたし、pain は「痛み」しか知りませんでした。

すでにご存知のかたも多いと思います。うちのスタッフRちゃんも知っているはず。
しかし、英単語の基礎は大学受験の「出る単」である私は、「pain」 と言えば [痛み」。
本当に当時の大学受験の英語って何だったのでしょうか。[話せる英語」がはるか遠い時代。

講師に教えてもらいましたが、やはり「痛み」のイメージがぬけず、
それでも、pain なんだから、面倒くさい、といっても、いろいろあって、苦しむ感じじゃないの?
夕食作るのが面倒くさい、とか老眼鏡捜すのが面倒とか、そんなどうでもいいことに使えないよね?

講師いわく、何でも良い、そうです。
辞書を見ると、

It's a pain having to go upstairs to make the coffee every time.
It's a pain cooking separately for Lucy.

ネットで検索してみると、

Surely it's a pain having to wear all that gear.
これはバイク初心者向けのサイトより。

My little sisiter won't leave me alone. She's a real pain in the neck.

などもあって、幅広い場面で使うことができるようです。

しかも、このレッスンでpain の話を講師とした数日後、テキストで pain を発見。

It's a pain in the neck having to figure out what people are saying.

これは、海外旅行について話すシーンで、自分の言葉が通じないと面倒、と言う場面。



面倒なことが多い世の中ですから、これからどんどん使えそうです。


オンライン英会話スクール
http://www.family-tutor.com/






| 英語学習 | 06:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.family-tutor.com/trackback/73
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
オンライン英会話  無料体験はこちら
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ファミリーチューター〜白熱教室JAPAN
    Seita (12/29)
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE