Family Tutor 〜 素敵にEnglish! 〜

オンライン英会話 『Family Tutor』スタッフのブログ
<< 日本の英語教育のダメなところ | main | ファミリーチューター〜今日の英語 from Desperate Housewives >>
ファミリーチューター 〜 「本日よりわが社の公用語を英語にします!」
スタッフTです。

最近見て印象に残ったCMの話です。
戦のシーンで始まります。
スーツの上に甲冑をつけて馬にのったビジネスマンたちが
はるか向こうから、同じく馬にのって銃を手にした欧米人と思われる1団と
対峙します。

「本日よりわが社の公用語は英語にします」
高らかに宣言されます。

「俺、TOEIC300点だし」
「いまさら英語なんて」
「俺なんて英検3級」

ここまで見て、おそらくこれは英会話スクールのコマーシャルだと思いましたが。

「あれが新しい上司か」

欧米人風な上司「Hi. Nice to meet you」
部下と思われる日本人。「ワット イズ ユア ネイム?」
日本的な発音で必死に問いかけると
上司に「Pardon?」
と聞き返されてしまいます。

カップヌードルのCMでした。最後に「SURVIVIE」
の文字がでておしまい。
このCMはニュージーランドで撮影され、現地スタッフも交えての文字通りグローバルな
現場だったようです。

最近のCMでは、おとうさんが食器を洗っていたり、
だんなさんが料理をしていたり、
ずいぶんと世相を反映しています。実際の家庭の状況より
CMのほうが少し先をいっている時もあります。

上司が外国人、社内の公用語は英語、というのが
世の中に浸透してきているのでしょうか?
楽天やユニクロが有名ですが、
現在25パーセントの会社が社内公用語、英語を検討中というデータもあります。

おとうさんはお皿を洗う心がまえがないといけないし
ビジネスマンは英語と戦って生き残る準備をしておかないといけないということなのでしょうか。


オンライン英会話スクール

http://www.family-tutor.com/
| - | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.family-tutor.com/trackback/64
トラックバック