Family Tutor 〜 素敵にEnglish! 〜

オンライン英会話 『Family Tutor』スタッフのブログ
<< NEW! お得な、アメリカ人講師による発音レッスンのお知らせ!期間限定4回2800円で。 | main | ドゥマゲテ旅行記〜その1 >>
あなたのお子様の英語学習は、タイプL ?タイプS?






















お子様は、英語学習に関して、Type L, Type S、どちらでしょうか?
  • 中学生になってから本格的に英語学習を始めた
  • リスニングが苦手
  • わからない語が出てくると、やる気がなくなる
  • 長文問題は1つずつ単語を調べないと不安だ。
  • 英語の文法に例外があると混乱する
 ⇒TYPE L
 
  • 小さいころから英語を学ぶ機会があった。
  • リスニングは得意だが単語がなかなか覚えられない
  • リスニングは得意だが、日本語で意味を聞くと答えられない
  • 長文を読むとき、おおまかに内容は理解できるが、細かい情報が読みとれない
  • 一つ一つの語句を調べるのが面倒。
⇒ TYPE S 
 
英語学習の秘訣は、タイプ L と S のバランスにあります。 
Type Lのお子様 →感覚的学習法 Sをお勧めします。
  Type Sのお子様 →論理的学習法  L をお勧めします。
 
Type Lのお子様のための感覚的学習法【例】
1.辞書を使わずに英文を読む。→内容に関する質問に答える
2.テキストを見ずに英文を聞く→内容に関する質問に答える。
★1.2に関して、教材は学校等で使用している教科書以外のものであれば何でも構いませんが、レベル別になっている英検の素材を使用すると効果的です。
3.1分間にできるだけたくさんの単語を音読する。
4. 英語のみのビデオやネット上の動画などを見て感想を日本語で書く。
 
Type Sのお子様のための論理的学習法【例】
1.短い英文を使用し、すべての語句の意味を調べ、暗記する。その後、調べた日本語の意味を見ないで、全文をに日本語に訳しノートに書き出す。
2. 英文を聞いて、すべて日本語に訳しノートに書きだす

【次回へ続きます】


小学生、中学生、高校生のためのオンライン英会話スクール
ファミリーチューター
http://www.family-tutor.com/
| - | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.family-tutor.com/trackback/105
トラックバック