Family Tutor 〜 素敵にEnglish! 〜

オンライン英会話 『Family Tutor』スタッフのブログ
100 things that make me happy.  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What makes you happy?

 

あなたをhappy にするものは何?

100個考えてみよう。

 

100個考えるのが大変なら、まずは10個から。

絵を描いてもいいですね。

文の主語になるのは、

1.名詞

2.動名詞

3.不定詞

4.名詞節

などです。

 

何個思いつくかな?

 

小学生、中学生、高校性のためのオンラインスクール

http://www.family-tutor.com

 

| 英語学習 | 18:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語 感想〜ファミリーチューター

 

ベストセラーになっていますので、ご存じのかたは多いと思いますが、

これは本当に素晴らしい本です。

 

本物の英語力をつけることができます。書かれていることをまとめると、

 

〇音声の重要性、特に小学校4年生までは、音声中心。

〇フォニックスの大切さ。

〇文法は3年間で終了する。

〇カードでは語彙は覚えられない、状況が必要。

〇途中からでも、大人でも始められる

〇英語を、でなく、英語で、学ぶ

具体的な教材、リソースも数多く紹介されています。

本を読まれたかたは、子供のために、明日からでも本物の英語力をつける実践を

行うことができるのです。

 

私が35年英語指導に携わり、また自分自身の英語力を伸ばすためにさまざまな学習方法を行い、

本当に重要だと思うことは、

 

_酸柴各の大切さ

∧源が読める必要性

J庫,良要性

て本語の話せないネイティブ講師との会話でのサバイバル

ズ拮瑤砲箸蕕錣譴覆い海箸如∩澗療、総合的な力がつく

Τ擇靴瓩襪海箸埜果が爆発的にあがる

П覗の効果。。。なりきること

┰乎翕な取り組みで効果倍増。

 

これらの気づきが、本の中にすべて盛り込まれています!!

 

子供の英語学習はなにより、家庭での環境が大切ですから、

スクール(ファミリーチューター)の生徒さんの保護者のかたにもお勧めしました。

 

本人、ご家族、英語の講師、(できれば学校も)みんなが協力して

未来にはばたく子どもに、「使える英語」、「楽しい英語力」を

つけることができれば、本当に素晴らしいと思います。

 

そのために、私ができることを1つずつ行っていきます。

 

小学生、中学生、高校生のためのオンラインスクール

ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

| 英語教育 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
英検合格のための3つのポイント。3級 リスニング編 ファミリーチューター 

 

 

3級は中学卒業レベル、となっています。しかし、英検の場合、コツをうまく習得すれば、中学3年の実力がなくても合格することが可能です。そのコツをお教えします。

 

 

    


〇英検3級リスニングに必要なこと

1.語彙を増やす

一番のおすすめは出題率の高い、旺文社、でる順パス単です。

音声をダウンロードできますので、とにかく耳で音を聞いて語彙に慣れていきます。

1ページ目から、1語ずつ覚えるのではなく、全体を何周か繰り返し見ていきます。

 

_酸爾里瀛垢

 

∨椶鮓ながら音声を聞く。意味を確認する。

 

2酸爾巴姥譴亡靴譴燭蕁暗記作業に入ります。

英語だけを見て、日本語を暗記します。スペリングを練習する必要はありません。

日本語訳は最終的にはいくつか必要ですが、まずは1単語につき、1つの日本語を暗記します。

1つの単語になじんだ後なら、複数の訳を覚えるのも簡単です。

 

小学生の場合、リストを作り、お子様と相談して1週間に何個覚えるかをきめ、数字を記入します。

到達度が目で確認できると楽しく続けられます。

 

次回は得点源となるライティングについてです。

 

 

| 英検3級 | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
ローマ字「ん」がmになるにはわけがある。

 

なぞなぞです!

 

「パパとママは2回会えるが、父と母は一度も会えないのは何?」

 

って 皆さん一度は聞いたことがあると思います。

 

答えは「くちびる」です!

 

おわかりですね。

 

発音してみてください。

 

パパ ママ→上下のくちびるがくっつきますね。

 

一方、

父 母→くちびるはくっつきません。

 

なぞなぞは、これで話は終わりなのですが、「くちびる」の話は続きます。

 

ローマ字や英語のスペリングで「ん」の音を表記するのに、nとmがあります。

 

通常、nを使いますが、

 

.蹇璽淹の場合、「ん」の次が「ま行」「ば行」「ぱ行」の音が続く時

 

英語のスペリングの場合、「ン」の次がm, p, b が来る場合

 

その場合には、その「ん」にmを使います。

 

アンパンマンAmpamman

 

難波(なんば)Namba

 

明石家さんま

 

Akashiya Samma

 

英語だと

 

impossible

 

embrace

 

immortal

 

などです。

 

理由は「くちびる」です。

 

m, p, b を発音する時は必ずくちびるがくっつきます。

 

よって、その音を発音する前に、準備にくちびるをくっつけるmで「ん」を使うと、

 

そのままくっついたくちびるのまま、

 

m(ま行)、p(ぱ行)、b(ば行)をすんなり発音できる、

 

というわけです。

 

余談だが、

 

農機具や船舶で有名な日本のある会社、

 

社名をローマ字表記にした時

 

mの前の「ン」をnにしている

 

海外にも拠点が多くあるようなので、早くmに変えて欲しいなぁ〜

 

 

小学生、中学生、高校生のためのオンライン英語スクール

Family Tutor ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

 

| 英語学習 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
Chips といえば。。。。。

 

スタッフ谷口です!

 

皆さんの住んでおられる地域には方言がありますか?

 

それとも標準語ですか?

 

私たちの住んでいる日本は、他の国に比べ そう広くないのに、

 

外国語のように感じる方言がいくつもありますよね。

 

日本国内でそんなわけですから、世界で話されている英語が異なるのは当たり前。

 

よく引き合いに出されるのは、イギリス英語とアメリカ英語。

 

発音ももちろんですが、日常語彙にも違いがあります。

 

「地下鉄」はイギリスでは ‘tube’と言いますが、アメリカでは ‘subway’

 

「フライドポテト」はイギリスで ‘chips’で、アメリカでは‘French fries’

 

「ポテトチップス」のことをイギリスでは‘crisps’と言い、

 

アメリカでは‘chips’と、少々ややこしい…

 

さらに厄介なのが、建物の階数。アメリカは普通に1階から

 

the first floor

 

the second floor、となりますが、

 

イギリスでthe first floorというと2階になります。

 

じゃあ1階は?というと、「地面の階」the ground floorになります。日本人には理解しにくいですね。

 

「映画」のこともアメリカでは ‘movie’ で、イギリスでは

 

‘film’と言われていましたが、最近はアメリカ人がfilmという単語を使うのを耳にしますし、

 

世界は狭くなってきているのですね!

 

学校でのリスニングは、主にアメリカ英語ですが、

 

TOEICのリスニングでは世界中の英語が流れてきます。

 

皆さんも色んな地域の英語を聞いてください。

 

 

小学生、中学生、高校生のためのオンライン英語スクール

Family Tutor ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

 

| 英語学習 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
何事もコツコツと! ーー リスニング上達に王道なし!!

 

 

スタッフ谷口です。

 

中高生、大学生の多くのみなさんは楽しい夏休みを過ごしておられることと思います。

 

テレビでは連日 リオオリンピックの中継でにぎわい、日本はメダルラッシュ!すご〜い!!

 

メダリストの中には「練習がきつくて辞めようと思ったこともありましたが、

 

それも今日のこのメダルにつながっていたんだと思います」とか、

 

それに似たようなコメントをしている選手が少なくありません。

 

やはり、オリンピックに参加できる選手の練習量は半端ないものなのですね

 

そこで「やはり英語の勉強もオリンピック選手のように、自分を追い込んで訓練すると、

 

ブレークスルー(行き詰まりの打開)して次のステップへ進めるんだ」と考えるわけです。

 

長期の休みは 普段 時間の取りにくいリスニングやリーディングを毎日やると効果的です。

 

ここで、、絶対上達するリスニング方法をお教えします!!

 

1.スクリプト(原稿)のあるリスニング教材を選ぶ。

      CDとスクリプトがついていれば今お持ちのものでも、大丈夫です。

 

2.最初はスクリプトを見ずに、何度も繰り返し聞き 書き取ります。

 

  わからないところは空けておいて、さらに聞き 空欄を埋めて完成させていきます。

 

3.「リエゾン」(音がつながったところ)が聞けなかったり、

 

  日本語っぽく覚えていた単語の本来の発音を知らなかったりして、

 

  何度聞いてもわからないところは スクリプトを見てください。

 

  何度も聞いてからスクリプトを見ると「へーこの単語がこんな風に聞こえるのかー」と学習できます。

 

  すかさず 聞き取れなかった箇所は、自分でも声に出して スピークアウトしてください。

 

  これもCDなどの音源に合わせて、5〜6回は声に出して真似してください。

 

  次から似たようなリエゾンが聞き取りやすくなります。

 

4.この作業を毎日40〜60分続けると 「絶対」に 耳がかわります!

 

   君も「メダリスト」になれる!

 

 

小学生、中学生、高校生のためのオンライン英語スクール

Family Tutor ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

 

| 英語学習 | 11:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
あれ?違うふうに習ったのに!?  ー日本における英語教育 

スタッフ谷口です。

 

毎日一生懸命英語を教えていますが、果たして説明している英語が正しいのか否かは、文法書を精読したり、新しい英語教育の雑誌を参考にしたりしています。

 

現在完了形。学校では中3辺りで習いますが、意味がいっぱいあって、難しい文法の一つです。

 

日本では、have(has) gone to〜は「〜へ行ってしまった(だからもういない)」の意味だよ、と習います。

 

だから、「〜へ行ったことがある」と表現したい時はgoneは使わず、beenを使いましょう!と教えられるのです。

 

ところがどうでしょう!英語実習助手(AET)が英語の授業のアクティビティーの時間に

 

「ハワイに行ったことがありますか」

 

‘Have you ever gone to Hawaii?’ と言っているではありませんか!

 

あれ?違うふうに習ったのに⁈ と思うこと しばしば!

 

 

小学生、中学生、高校生のためのオンライン英語スクール

Family Tutor ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

 

| 英語教育 | 17:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
Amazing! "u" はコバンザメ?!

 

 

スタッフ谷口です。

 

前回に続き、スペリングの話です。

私自身、高校生用の英語新聞のクロスワードパズルで得た知識です。

「英単語の綴りで、必ず2番目に‘u’の文字がくるのは、何の文字で始まる単語?」

答えは‘ q ’ ! お気付きでしたか?

question  quiz  queen  quick  quite quiet  quote

ほらね!

 

 

小学生、中学生、高校生のためのオンライン英語スクール

Family Tutor ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

 

| 英語学習 | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
Amazing! フォニックスって便利!

 

スタッフ谷口です!

 

今日は英単語のスペリングについてお話しします。

会話を中心に学習されている方はあまり細かく、綴りを気にされていないかもしれませんね!

でもフォニックスという規則を利用してスペリングを意識すると、単語の幅が広がります。例えば「〜を置く」の意味のlayの発音の仕方。迷う方も少なくないかも。その時は最初の文字を‘d’に変えると、お馴染みのday。すると「デイ」「レイ」読めますね。

 

小学生、中学生、高校生のためのオンライン英語スクール

Family Tutor ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

| 英語学習 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
商業英語をごぞんじですか? more than~ について

スタッフの谷口です。今日はmore than〜についてお話しします。

 

おそらく中学生の時に学習し、皆さんご存知のはず。

〜に数字をいれて「〜以上」って意味ですよね。でも厳密に言うと「〜よりたくさん」が正解です。

小学校の数学を思い出しそうですが、例えば「5以上」といえば、

「5も含めそれよりたくさん」を表し、「5よりたくさん」は「5は含めずそれよりたくさん」ですよね。

 

ただ、日常使う英語で「more than〜」を

どちらにとってもあまり差し支えないので、ざっくり「〜以上」と扱うことが多いのです。

 

ただし、こんな時は要注意!

あなたが、海外のある会社の商品を買う仕事の担当になったとしましょう。

向こうの会社が「more than 100 注文してくれたら10%のディスカウントしましょう」と言ってきた場合、あなたは何個注文しますか?

中学校で「more than〜」は「〜以上」と習ったからって、100個注文しようと考えていませんか?

 

これは「商業英語」っていう英語検定の勉強内容です。

英語の検定って、日本英語協会のいわゆる「英検」だけではないんですね〜!

 

小学生、中学生、高校生のためのオンライン英語スクール

Family Tutor ファミリーチューター

http://www.family-tutor.com/

| 英語学習 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
オンライン英会話  無料体験はこちら
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ファミリーチューター〜白熱教室JAPAN
    Seita (12/29)
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE