Family Tutor 〜 素敵にEnglish! 〜

オンライン英会話 『Family Tutor』スタッフのブログ
Church とchapelの違い言えますか??

churchは基本的に教会の建物の事をさす

キリスト教の教会や聖堂はもちろん、キリスト教以外の教会建物も指す


一方chapel は教会建築全体を表す言葉ではなく、学校や病院など、

ほかの建物の中にある礼拝堂をいう


ただ教会の中でも、小さな礼拝場となっている場所はchapelを使う


ただし、イギリスではchurch はイギリス国教会の教会を意味し、

chapel はイギリス国教会以外の新教の教会を指す

| - | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
Autumn と fall 意味は同じ秋だが、、、

イギリスではautumn、アメリカではfallを用いる


イギリスでautumn が使われ始めたのは、14世紀ごろで、fallは

16世紀になってからのこと


秋は落ち葉の季節でfall of the leafのof the leafがいつしか秋そのもの

を意味するfall と呼ぶようになった


かつてイギリスではこの2つの意味が共存していたが、やがてfallは廃れ

autumn が生き残った


一方アメリカではfall の方を好んで、そっちを使うようになった

Autumn を使うのは格式ばった席のみ


Autumn はイギリスでは8、9、10月を指し、アメリカでは9、10、11月を指す


| - | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
COLLEGEとUNIVERSITY どう違う??

大学を表す単語は2つあるんですが、どう違うのでしょうか??


University は大学の中でも総合大学を表す多くの大学を持ち、

さらには大学院や研究所を持つ


Collegeは元はイギリスの学寮を意味した。

ここでいう学寮は、日本でいう学生寮ではなく、総合大学であるuniversity 

を構成する教師、学生の自治体を指す

そこからcollege は総合大学の学部という意味で使われ、さらに単科大学

という意味で使われるようになった


イギリスではnaval college が海軍兵学校を意味するように、特殊な専門学校と

しても使われる

| - | 23:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
同じ客でもguestとvisitorではこんなに対応違う??

お客様と言いたい時英語には様々な表現がある

Visitor,customer,client,guest,passengerなどなど


Visitor

ただの訪問客

歓迎する客も、歓迎されない客も

他にも観光客のいみでも使われるし、病院の見舞い客としても使われる


Guest

歓迎すべき客で、招待客や賓客を指す

ホテルの宿泊客にも使う


Customer

商品の顧客や取引先を指す


Client

顧客や得意先を意味し、訴訟や弁護の依頼人も指す


Passenger 

乗り物や飛行機などの乗客のこと

| - | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
Travel Journey Trip Tour の使い分け

日本人が旅行をイメージするとき、すぐ思い浮かぶのはトラベル会社のtravel

、もしくは⚪×ツアーなどのtourあたりですが、英語にはjourney やtrip

などもあります


Travel

乗り物長い旅行をするときや、未開の地へ旅行するときなどに使う

また漠然と旅行したいと行ったときなどに使う


Trip

観光やビジネスなどの具体的な旅行などに使う


Tour

一定の計画に元ずく旅のこと

旅行会社の宣伝にある アメリカ7日間ツアー も計画的な旅などで

妥当である


Journey 

陸地の旅のこと

他にも行程といった意味を持ち、抽象的な旅を語る時にも使う

また辛い旅や感傷的な旅にも使う

| - | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
Talk Speak Say Tell どう使い分けますか???

英語でもっとも一般的に使うのがspeak

たった一語しか喋らなくてもspeak、長々話す時もspeak


またCan you speak English??と尋ねるように、言語を話す

能力を指す時にも使う


Talkとなると、聞き手がいる時の話で、おしゃべりを指す時が多い

さほどの内容のないおしゃべりならspeakよりtalkが似合う


Sayはたんに口に出していうこと

他にも暗唱したり復唱したりする時にも使う


Tellは告げると言う意味合いが強く、相手になんらかの情報を言葉にして

伝える時に使う


皆さん頑張ってつかいわけましょ‼‼‼

| - | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
Big Large Great の違いは?

大きいを意味するこの三つの意味の違い

知ってますか⁇


このうち、もっとも広い意味を持つのがBig

サイズでも数量でも規模でもすべてBigでオッケー👌


これに対して、largeとgreatは限定的かつ具体的な意味を持つ

Largeは面積や体積が大きい時に用いられるので、ファーストフード店

では大きなカップのコーヒーを頼む時は、largeを注文する事になる


Greatは規模や範囲がおおきい時に使う

さらに驚くくらい大きい事を伝える時もgreat!!!を使う


重要性を強調したい時は、bigかgreatが使われる

その問題がいかに重要かを口頭で言う時はbigを使う

正式な文書ではgreatの方がよく使われている

| - | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
店を意味するstore と shop どう違う??


日本ではstoreとshopを無造作に使っているが、イギリスや

アメリカでは、かなり厳密に使い分けられている


まず、イギリスではshopというと小売店や商店を指す

一方、アメリカではstoreという

だから、flower shopはイギリス生まれの英語で

Drug storeはアメリカ生まれの英語である


アメリカでもshopという意味を使うが、主にデパート内の専門店

やサービス業の店を指す

だからアメリカでは贈答品売り場のことをgift shopという


イギリスではstoreは、主に倉庫や貯蔵庫の意味で使う

あるいは百貨店の意味で使う

| - | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
Boy と Kid 大人に使って失礼なのは??

Boyはおおむね18歳未満の男の子を指す

男の子、少年っていう意味で高校生まではboy扱い

ただし18歳以上の男性に使うことがあり、その場合は若者、

青年、ヤツといった意味で、20歳前後の青年にナイスボーイ

と言えば、いいヤツって意味になります

これをいい年の大人に対して、ボーイと使うと、幼稚な男となり、

バカにしたニュアンスになる



Kidはもとは0歳の子ヤギに対してつかつていたが、人間に対して使うように

なり、子供をさすようになった。Childとほぼ同じ意味で使われる

これを大人に対して使うと若造と言った侮蔑を含んだ意味になる


BoyとKidどちらも間違って使わないように気をつけてくださいね笑笑

| - | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
breaking news

皆さんは英語の文章読む時、どんな文章を読んでいますか??

僕は生徒さんとレッスンする際はbreaking newsって言うサイト

を使っています

Level 0 から level 6 まであり自分たちのレベルに合わせて

世界のニュースを見ることができます

普通の新聞と違って記事の内容量もかなり少ないので読みやすいです



またニュース以外にも問題を解くところもあるので、すごくいい勉強

になります


ぜひ使ってみてください



| - | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
オンライン英会話  無料体験はこちら
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
  • ファミリーチューター〜白熱教室JAPAN
    Seita (12/29)
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE